歯ブラシの正しい持ち方&お手入れ方法について 除菌におすすめの歯ブラシキャップ

毎日歯磨きをしていても、口臭が気になるといった方は少なくありません。口内環境が気になる主な原因として、正しい方法で歯磨きができていないことが考えられます。こちらでは、正しい歯ブラシの持ち方や除菌能力が高いおすすめのお手入れ方法についてお伝えいたします。

正しい歯ブラシの持ち方をマスターしよう!

笑顔で歯を磨く女性

歯磨きをする際、力任せにゴシゴシと磨くのはNGです。

そのやり方では、歯や歯茎を無駄に傷つけてしまうだけで、汚れをしっかりと落とすことにはなりません。しかも、力任せに磨いている方のほとんどが歯ブラシを適切な持ち方で使っていないのです。

歯ブラシの基本的な持ち方には、「ペングリップ」と「パームグリップ」の2つの方法があります。

ペングリップ

ペンを持つように、2本の指(親指と人差し指)で1か所を押さえて持つ方法です。余計な力を入れずに歯を磨くことができます。ポイントとしては、歯ブラシの真ん中部分にあたる支点部分を持つことです。

ほとんどの歯ブラシにはこの支点部分にデザインが入っているので、そこを目印にペンを持つようにして磨きましょう。

パームグリップ

手のひら全体で握るように持つ方法です。高齢者やお子様のように、力が入りにくい方におすすめの持ち方です。パームグリップは歯磨きの際に余計な力が入ってしまう方に多い持ち方ですので、力が入りすぎてしまう方はペングリップをおすすめします。

ペングリップは余計な力が入らず、小刻みに動かしやすいため、すみずみまで丁寧に磨けます。歯磨きの基本は、軽い力で磨くことです。正しい持ち方をマスターしましょう。

歯ブラシを清潔に!おすすめのお手入れ方法

手のひらに浮かぶ電球のイラスト

歯を磨く際には、磨き方も重要ですが、歯ブラシの保管や日々のお手入れも非常に重要な要素です。磨き終わった後の歯ブラシには、取り除いた歯石や食べカスが付着しているため、しっかり洗い流す必要があります。

菌が付着したままだと、歯石や食べカスをエサにする菌はどんどん増えてしまいます。その歯ブラシを次回の歯磨きに使うとした場合、菌だらけの歯ブラシで磨くことになってしまいます。

お手入れ方法としては、歯ブラシを揉むように水洗いしたり、歯間ブラシを歯ブラシの毛の中に入れ込んで洗ったりする方もいらっしゃるでしょう。

または、殺菌能力がある口内洗浄用の洗口液に浸け置きするのもいいかもしれません。しかし、口の中のネバネバ汚れが簡単に落とせない理屈と同じように、歯ブラシについたネバネバ汚れも簡単には落とせません。

そこでおすすめしたいのが、MEDIKダイレクトショップで販売している歯ブラシ除菌キャップです。除菌能力が高い歯ブラシ除菌キャップは、実に99.9%の除菌を実現します。使用する際は、歯ブラシの水気をしっかり切ってからキャップを装着してください。乾燥させることは、菌を繁殖させないためにも重要です。

除菌能力が高い歯ブラシキャップを活用しよう!

本来、口内をきれいにするための歯磨きが、歯ブラシのお手入れ不足で逆に口内を汚すきっかけになってしまっていては、元も子もありません。歯ブラシの正しい持ち方や磨き方をマスターしたうえで、歯ブラシのお手入れにも目を向けましょう。

歯ブラシの除菌をお考えでしたら、MEDIKダイレクトショップがお届けしている除菌能力が高い充電式の歯ブラシ除菌キャップをご利用ください。

UV-C LEDを採用した持ち運びに便利なコンパクトサイズの除菌器です。除菌能力が高い除菌キャップに歯ブラシを入れて3分で99.9%の除菌ができます。おしゃれなデザインですので、ご家庭でのご使用はもちろん、出張や旅行などにもご利用いただけます。

殺菌能力が高い歯ブラシ除菌キャップをお探しの方はMEDIKダイレクトショップへ

会社名 株式会社MEDIK
ショップ名 MEDIKダイレクトショップ
代表取締役 鄭 義錫
店舗運営責任者 赤坂智親(EC事業部)
設立年月 2007年2月
事業内容
  1. 医療機器の製造販売業
  2. 医療機器の企画、開発、製造
  3. 電子製品および部品開発、生産および販売業
  4. コンピューター関連製品の輸出入業
  5. 情報サービス業ソフトウェア開発生産および販売業
  6. インターネットのコンテンツの企画、制作、販売
住所 〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東3丁目22−9
TEL 048-026-5051
FAX 048-038-6799
メールアドレス akasaka@medik.co.jp
URL https://direct.medik.co.jp/

ページトップへ