歯ブラシを選ぶポイント 歯ブラシは除菌器・ケース・ホルダーを使って清潔に

皆さんは、普段使っている歯ブラシをしっかり清潔に保っていますか?歯ブラシを使用した後は、特に除菌や殺菌をすることなく水洗いで済ませ、コップなどに立てて保管している方は少なくありません。歯ブラシを使用した後は、除菌能力が高い歯ブラシ専用の除菌器・ケース・ホルダーを使って清潔に保ちましょう。

歯ブラシは歯を磨くだけでなく、保管方法や交換時期なども口内環境を整えるのに非常に重要な要素です。こちらでは、毛先が開いてしまった歯ブラシを使うことのデメリットや、歯ブラシを選ぶポイントをご紹介します。

毛先の開いた歯ブラシを使うデメリットとは

デメリットを指す指さし棒

歯ブラシを交換する際、何を目安にしているでしょうか。毛先が開いたのをきっかけに、交換を検討する方は多いです。

歯ブラシは消耗品であり寿命があるため、定期的に交換する必要があります。歯ブラシを交換せずにずっと使い続けてしまうと、歯の表面に付着した汚れを除去しにくくなります。その結果、虫歯菌や歯周病菌が活発化してしまい、お口の病気を招きやすくなるのです。

また、歯ブラシの毛先が開いてしまっていると、歯をきれいにするまでに時間かかり、歯ブラシを握る手にも力が入ってしまうため、歯や歯茎を傷める原因となってしまいます。そして、歯ブラシは使えば使うほど毛束の部分に菌が溜まってしまうため、菌が繁殖しやすい状態を招きます。

毛先の開いた歯ブラシを使うと、お口を清潔な状態に保つことが難しくなり、場合によっては古い歯ブラシが原因で口内の菌が増えてしまい、口臭が発生することも珍しくありません。歯ブラシは1か月に1回を目安に交換することを心がけましょう。また、除菌能力が高い歯ブラシ専用の除菌器・ケース・ホルダーを活用して、清潔に保つことも大切です。

歯ブラシを選ぶポイント

様々な形状の歯ブラシ

歯ブラシを交換する際に気をつけなければならないのが、「自分に合った歯ブラシかどうか」ということです。歯ブラシはどれも同じように感じてしまうため、つい安い歯ブラシを購入しがちですが、自分の口の状態に合っていない歯ブラシでは効果が半減してしまいます。

歯ブラシには毛の硬さやヘッドの大きさ、毛先の形など、様々な種類のものがあります。歯ブラシを選ぶ際は、自分の目的や用途に合わせて選ぶことが大切です。

Point1.毛の硬さ

歯ブラシの毛の硬さには、「やわらかめ」「普通」「硬め」があります。一般的におすすめなのは「普通」タイプです。

歯茎が弱い方はやわらかめタイプの歯ブラシを、虫歯予防でしっかり歯の汚れを落としたいという方は硬めタイプの歯ブラシを選ぶといいでしょう。歯磨きをする際はゴシゴシと擦りすぎるのはNGです。ご自分の力加減に合わせて毛の硬さを選ぶのもいいと思います。

Point2.ヘッドの大きさ

ヘッドが大きすぎると、奥歯まできれいに磨くことが難しくなり、磨き残しが出やすくなります。小さいヘッドの歯ブラシは、細かい部分まで磨けますが、磨くのに時間を要します。無理に小さいヘッドを選ぶ必要はありませんが、大きすぎないものを選びましょう。

Point3.毛先の形

毛先の形が平らに揃っている歯ブラシをおすすめします。ギザギザにカットされた歯ブラシは、歯と歯の隙間をきれいにできるように思えますが、歯の表面の磨き残しが出やすくなってしまいます。

毛先が平らに揃っている歯ブラシは圧力が均等にかかるため、きちんと磨くことができます。歯の隙間は、デンタルフロスで掃除するようにしましょう。

Point4.毛先の太さ

毛先が太い歯ブラシは、硬くなってしまったプラークなどを除去するのに向いています。しかし、歯周ポケットのケアを念入りにしたいという方には、細めのタイプをおすすめします。毛先が細いと歯周ポケットの間に入りやすく、必要以上に歯肉を擦って傷つける心配もありません。

除菌能力が高い歯ブラシ専用の除菌器・ケース・ホルダーならMEDIKダイレクトショップへ

毛先の開いた歯ブラシを使うデメリットや、歯ブラシを選ぶ際のポイントについてご紹介しました。歯ブラシは適切な時期に交換すること、そして普段のお手入れが重要です。歯ブラシのお手入れを怠ってしまうと、菌が繁殖してしまうので注意が必要です。

除菌能力が高い歯ブラシ除菌器・ケースの購入をお考えでしたら、MEDIKダイレクトショップをご利用ください。持ち運びに便利な歯ブラシ除菌キャップや、ご家族で使える4本収納可能な歯ブラシ除菌ホルダーをご用意しています。99.9%除菌を実現した除菌能力が高い充電式の歯ブラシ除菌器ですので、ぜひご活用ください。

殺菌能力が高い歯ブラシ専用の除菌器・ケース・ホルダーをお求めならMEDIKダイレクトショップへ

会社名 株式会社MEDIK
ショップ名 MEDIKダイレクトショップ
代表取締役 鄭 義錫
店舗運営責任者 赤坂智親(EC事業部)
設立年月 2007年2月
事業内容
  1. 医療機器の製造販売業
  2. 医療機器の企画、開発、製造
  3. 電子製品および部品開発、生産および販売業
  4. コンピューター関連製品の輸出入業
  5. 情報サービス業ソフトウェア開発生産および販売業
  6. インターネットのコンテンツの企画、制作、販売
住所 〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東3丁目22−9
TEL 048-026-5051
FAX 048-038-6799
メールアドレス akasaka@medik.co.jp
URL https://direct.medik.co.jp/

ページトップへ