【除菌】使い捨てマスクの正しいつけ方・外し方 花粉対策にもおすすめ!乾燥&除菌機能がついた除菌ケース

使い捨てマスクを繰り返し使用する際、菌やウイルス対策はちゃんとできているか心配な方もいらっしゃると思います。そこでおすすめなのが、使い捨てマスクをケースに入れるだけで乾燥・除菌ができる除菌ケースです。

使い捨てマスクを何度も使わざるを得ない状況である場合、いかに清潔な状態をキープしながらウイルスや花粉などをブロックしていくかが重要です。こちらでは、使い捨てマスクの正しいつけ方・外し方をお伝えいたします。

使い捨てマスクの正しい使い方

使い捨てマスクを持った人

ウイルスや花粉が飛び交う季節に大活躍するのが、使い捨てマスクです。気軽に実践できる対策ですが、取り扱いには気をつけなくてはなりません。

使い捨てマスクの正しいつけ方

マスクをつける前には、手をきれいに洗って清潔な状態にしておきましょう。まず、マスクの上下を確認します。針金の入った方を上にして、鼻からあごまでを覆います。

そして、隙間からウイルスや花粉などが入り込まないよう、針金を鼻にしっかりフィットさせて完了です。

使い捨てマスクの正しい外し方

使用後のマスクには、ウイルスや花粉が付着している可能性が高いです。そのため、マスクを外す際は、手についてしまわないようフィルター部分は触らないようにしましょう。ゴム紐の部分を持って外し、その後はしっかり手洗いをしてください。

または、除菌・殺菌ができる薬用ジェルなどを使って殺菌ケアするのも効果的です。

使い捨てマスクを繰り返し使用するなら除菌・殺菌対策を!

使い捨てマスクとスプレー

使い捨てマスクは原則として1日1枚、使ったその日限りで捨てるのが基本です。繰り返し使うと、付着したウイルスや菌が他の場所についてしまうなど、衛生的によくありません。また、マスクを外す際にはウイルスや菌がなるべく手につかないよう対策しなくてはなりません。

ただ、1日のうちに使い捨てマスクを何度もつけ外しして明らかに汚れやにおいが気になった際には交換する方がいいでしょう。使い捨てマスクには雑菌がつきやすいため、1日のうちで何度も使う場合、しっかりと除菌・殺菌することが必要です。
使い捨てマスクは基本的に長く使い続けるものではなく、適切なタイミングで廃棄・交換するものです。どうしてもマスクのストックがないなど、繰り返し使う場合は、しっかりと除菌・乾燥させましょう。

使い捨てマスクを除菌!乾燥機能がついている除菌ケース

使い捨てマスクは1日1枚、汚れたら交換するのが基本ですが、替えのマスクがない場合などは菌に触れないよう、フィルター部分には触らず除菌しましょう。

MEDIKダイレクトショップでは、使い捨てマスクを除菌できる「マスク除菌ケース」を取り扱っています。UV-C LEDによって99.8%の除菌ができるうえ、ケースにファンがついているため乾燥も可能です。使い捨てマスクをケースに入れて10分間で乾燥、そしてその後10分間で除菌を行います。

ガイドを外せば、スマホやハンカチなどの除菌もできるアイテムとなっています。ウイルスや花粉対策にも使えるマスク除菌ケースですので、ぜひお役立てください。

使い捨てマスクの除菌ができるケースをお探しの方はMEDIKダイレクトショップへ

会社名 株式会社MEDIK
ショップ名 MEDIKダイレクトショップ
代表取締役 鄭 義錫
店舗運営責任者 赤坂智親(EC事業部)
設立年月 2007年2月
事業内容
  1. 医療機器の製造販売業
  2. 医療機器の企画、開発、製造
  3. 電子製品および部品開発、生産および販売業
  4. コンピューター関連製品の輸出入業
  5. 情報サービス業ソフトウェア開発生産および販売業
  6. インターネットのコンテンツの企画、制作、販売
住所 〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東3丁目22−9
TEL 048-026-5051
FAX 048-038-6799
メールアドレス akasaka@medik.co.jp
URL https://direct.medik.co.jp/

ページトップへ