「滅菌」・「殺菌」・「除菌」・「抗菌」の用語について

「除菌」や「抗菌」など、巷には色々な製品があります。その違いについてご存じでしょうか?
それぞれの意味と効果を知り、適切に使い分け、健康で安全な環境作りに役立てましょう。

知っておきたい!滅菌・除菌・殺菌・抗菌の違いって?

使い捨てマスクを持った人

「滅菌」

すべての微生物を死滅させるか除去すること。

日本薬局方では、「微生物の生存する確率が 100万分の1以下になること」をもって滅菌と規定されています。 生体を無菌にすることは、現実的に困難であるため、主に器具等に対しての用語です。

「除菌」

菌やウイルスを除去し、その数を減らすこと。

食品衛生法では「殺菌又は除菌(ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を除去することをいう。」と規定されています。 減らす菌やウイルスの数・種類について、明確な定義はありません。

除菌作用をもつ製品はスプレーや、ジェル、洗剤など様々ですが、どこの期間によるどのような証明がされているか、きちんと表示されている製品を選ぶことをお勧めします。

「殺菌」

「菌を殺すこと。」除菌と同じく、殺す菌やウイルスの数・種類について、明確な決まりはありません。
但し、薬機法により、医薬品や医薬部外品のみ「殺菌」の表示が可能です。

「抗菌」

菌の発生、育成をを阻止し、繁殖を抑制することです。除菌や殺菌と違い、菌が住みにくい環境を作ることを表した用語です。
抗菌仕様製品では、ウイルスはその対象外とされています。抗菌とうたった製品には、ハンカチ・枕、マスクなどがあります。

ランチタイムやブレイクタイムにマスクの除菌対策を!

使い捨てマスクとスプレー

MEDIKダイレクトショップでは、使い捨てマスクや布マスクを除菌できる「マスク除菌ケース」を取り扱っています。UV-C LEDにより除菌ができるうえ、ケースにファンがついているため乾燥も可能です。マスクをケースに入れて10分間で乾燥、そしてその後10分間で除菌を行います。

新しい生活様式になりマスクを一日中付けることを強いられている方が多くいらっしゃると思いますが、実は、マスクを長時間つけていると口腔内にある無数の菌が呼気によってマスク内に充満し、においや菌の発生原因になるのです。
また、マスクは空気中にある菌やウイルスから身を守るためのフィルターの役割もしています。ランチタイムや、ブレイクタイムにマスク除菌ケースを使用することは、自分にとっても相手にとっても気持ちよく過ごすためのマナー習慣にしたいものです。

お客様の中には、「除菌機能だけでいいんじゃない?」という声も頂きますが、乾燥する事で再装着時の不快感を無くすだけではなく、除菌能力をUPさせる事ができます。
UV-Cは大変デリケートな紫外線です。湿気があると除菌効率が落ちます。
また、ウイルスや菌は乾燥に大変弱い生き物です。
乾燥させることでほとんど死滅する事も分かっております。 本製品を使って除菌だけを行った場合と乾燥だけ行った場合、効果を実感できるのは圧倒的に乾燥機能になります。
動作の順番が乾燥後に除菌をしているのはそのためです。

マスクガイドを外せば、スマホやハンカチなどの除菌もできるアイテムとなっています。ウイルスや花粉対策にも使えるマスク除菌ケースですので、ぜひお役立てください。

使い捨てマスクの除菌ができるケースをお探しの方はMEDIKダイレクトショップへ

会社名 株式会社MEDIK
ショップ名 MEDIKダイレクトショップ
代表取締役 鄭 義錫
店舗運営責任者 赤坂智親(EC事業部)
設立年月 2007年2月
事業内容
  1. 医療機器の製造販売業
  2. 医療機器の企画、開発、製造
  3. 電子製品および部品開発、生産および販売業
  4. コンピューター関連製品の輸出入業
  5. 情報サービス業ソフトウェア開発生産および販売業
  6. インターネットのコンテンツの企画、制作、販売
住所 〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東3丁目22−9
TEL 048-026-5051
FAX 048-038-6799
メールアドレス akasaka@medik.co.jp
URL https://direct.medik.co.jp/

ページトップへ