【除菌】歯ブラシを交換するタイミング&保管方法 LEDを使用した除菌器・ケース

皆さんは、歯ブラシの交換をどれくらいの頻度でしているでしょうか。また、歯ブラシはきちんと保管して除菌などもしっかりしているでしょうか。歯ブラシには歯を磨いた際の食べカスや歯石が付着するため、それらをエサにする菌は繁殖していきます。歯ブラシについている汚れは、トイレの便器よりも汚いと言われています。

そんな菌まみれの歯ブラシを使っていては、せっかく歯磨きでお口のケアをしようとしても逆効果です。こちらでは、歯ブラシを交換するタイミングや保管方法について解説しますので、除菌に興味がある方はぜひ参考にしてください。

歯ブラシを交換するタイミングとは?

首を傾げる女性とクエスチョンマーク

歯ブラシはどれくらいの頻度で交換すればいいのでしょうか。毛先がボロボロになって擦り切れた時や、毛先がバラバラに開いてから交換しているという方もいるでしょう。

毛先が開いた歯ブラシで歯を磨いた場合、歯石や汚れはきれいに落とすことはできません。また、歯ブラシには口内の食べカスや歯石が付着してしまうので、それらをエサに菌が繁殖してしまいます。

歯ブラシの交換時期としては、おおむね1か月に1回程度のペースが望ましいです。歯ブラシは、口内環境を考えればなるべく効果が減少する前に交換することが大切です。

歯ブラシの清潔さは口内環境を整え、口臭予防にもつながるため、こまめに交換するように意識しましょう。

歯ブラシの保管方法について

コップに立てかけられた歯ブラシ

歯ブラシはどのように保管していますか?多くの方は、小さなコップなどに立てかけて保管しているという方が多いのではないでしょうか。

また、歯磨きが終わった後に水洗い程度で済ませていませんか?保管方法を誤ってしまうと、歯ブラシには菌が残ってしまい、次に歯を磨く時には菌まみれの歯ブラシを使うことになります。

特に、水気が残ったままの歯ブラシは、菌が増殖するため注意が必要です。ケースに入れて保管する際には、歯ブラシの水気はよく切ってからにしましょう。また、コップに保管する際、他の歯ブラシと一緒に保管するのもNGです。いくら自分の歯ブラシを除菌していても、他の歯ブラシと接触してしまっていては菌が移されてしまいます。

歯ブラシを保管する際は、除菌器・ケースを使用することをおすすめします。MEDIKダイレクトショップでは、99.9%除菌ができる歯ブラシ除菌キャップや歯ブラシ除菌ホルダーを販売しています。UV-C LEDを使用した充電式の除菌器・ケースです。3年間の保証もついていますので、歯ブラシの除菌をお考えの方はぜひご利用ください。

清潔な歯ブラシを使おう!歯ブラシの除菌器・ケースならMEDIKダイレクトショップへ

今回は、歯ブラシの交換時期の目安や保管方法について解説しました。歯ブラシを常に清潔に保つことは、口内環境を整える第一歩になります。歯ブラシをきちんとした方法で保管しておくことで、歯を清潔に保つことができます。

歯ブラシの除菌をしっかり行いたい方は、MEDIKダイレクトショップが取り扱っている除菌キャップや除菌ホルダーをお役立てください。たった3分で99.9%除菌ができる除菌器です。商品に関してご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

歯ブラシの除菌器・ケースを購入するならMEDIKダイレクトショップへ

会社名 株式会社MEDIK
ショップ名 MEDIKダイレクトショップ
代表取締役 鄭 義錫
店舗運営責任者 赤坂智親(EC事業部)
設立年月 2007年2月
事業内容
  1. 医療機器の製造販売業
  2. 医療機器の企画、開発、製造
  3. 電子製品および部品開発、生産および販売業
  4. コンピューター関連製品の輸出入業
  5. 情報サービス業ソフトウェア開発生産および販売業
  6. インターネットのコンテンツの企画、制作、販売
住所 〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東3丁目22−9
TEL 048-026-5051
FAX 048-038-6799
メールアドレス akasaka@medik.co.jp
URL https://direct.medik.co.jp/

ページトップへ